livestrongなseoと被リンクについて

livestrongなseoと被リンクについて

被リンクのアンカーテキストに注意

SEO対策をする上で、被リンクの数を増やすことだけに気を取られてはいけません。

 

被リンクのアンカーテキストの設定にも注意を払う必要があります。

 

なぜなら、被リンクのアンカーテキスト中のキーワードによって、検索結果の順位が変わるからです。

 

いろいろなトナーカートリッジ紹介

 

 

 

とすれば、上位表示を目指したいキーワードばかりをアンカーテキストに設定した被リンクを

 

集めれば一番よいのかというと、話はそう簡単ではありません。

 

近年、検索エンジンは悪質なSEO対策を無効にするために、被リンクのキーワードがあまりにも

 

特定のキーワードのみに偏っているサイトを低く評価するようになってきているのです。

 

 

 

被リンクを増やすseoサービス

 

一度、検索エンジン側から、悪質なSEO対策を施したサイトであると認定されてしまうと、

 

検索エンジンからの評価を取り戻すのはかなり難しいです。

 

一度、被リンクを大量に集めてしまうと、たとえ、それらが悪質な被リンクであると分かっても、

 

そのリンクを解除する作業は困難だからです。

 

 

 

検索 New Wave

 

被リンクのアンカーテキストは、自分のサイトのコンテンツにふさわしいものを設定してもらうよう気をつけましょう。

SEO対策で大切な事は、やはり被リンクを集める事ですよね。

 

なので業者に頼んでたくさんの被リンクを得るという方法を

 

実践している方も少なくないかと思います。

 

 

 

 

 

しかし実はその方法ではあまりSEO対策には効果がない場合が多いです。

 

といのも、被リンクは数だけではなく、質も大切になってくるのです。

 

なので数だけが多くても、質が低い被リンクばかりの場合には意味はありません。

 

 

 

 

 

それどころか評価の低いページからの被リンクは、

 

マイナス評価になってしまう危険性すらあるのです。

 

 

 

 

 

なので被リンクを増やす時には、評価が高く信頼度の高いページからの

 

被リンクを集める事が一番大切になってきます。

 

その方法としては、やはり魅力的なページ作りをするしかないでしょう。

 

 

 

 

 

そうすれば関連したページがリンクしてくれる事が増え、

 

そこからどんどん質の高い被リンクが増えて行く事でしょう。

 

業者にばかり頼っていてコンテンツの充実度が不十分では元も子もありませんよ。

SEO対策には被リンク数を増やすというのがあります。

 

 

 

被リンクを増やすためには内容の質を上げ、参考になるなと思われるようなサイトにする必要があります。

 

 

 

 

 

他にも、色々な人に自分のサイトを知ってもらうために、皆が検索するような単語をタイトルや記事内にいれたり、metaタグなど内部の対策もしっかり行ってください。

 

 

 

 

 

他のサイトがmetaキーワードに何を入れているかや自分の現段階での被リンク数を知りたい場合、ネット上で無料で使えるSEOツールが配布されていますので、それを利用したら良いと思います。

 

 

 

自分のサイトのURLを入れれば、被リンク数やインデックスの数、入れているmetaキーワードなど色々な情報を知ることが出来ますし、読み込みに時間がかかる部分も教えてくれるのでとても便利です。

 

 

 

 

 

現在のインターネット上には色々な便利ツールがありますので、それを有効活用しながらSEO対策を行い、被リンク数を増やして検索エンジンに有利になるよう色々工作を行ってください。

自分のホームページやブログを作った時には、

 

なるべく多くの人に見てもらいたいと思うのは自然な事かと思います。

 

そして多くの方に見てもらうためには、やはり検索の上の方に自分のページが

 

表示される必要がありますよね。そのために行うのがSEO対策と呼ばれるものです。

 

 

 

 

 

そしてそのSEO対策には実に様々な種類のものがありますが、

 

基本的でありまたとても重要なものに「被リンク」というものがあります。

 

被リンクとは簡単に言うと、「リンクされている状態」の事で、

 

この被リンクの数が多いと検索の上位に表示されやすくなり、

 

たくさんの人に見てもらう機会がぐんと増えるのです。

 

 

 

たくさんの被リンクを集める方法としては、

 

やはりリンクしたくなるようなコンテンツ作りが重要になってくる事かと思います。

 

それに加えて相互リンクと行ってお互いにリンクしあう事も大事です。

 

また業者に頼むという方法もありますが、これにはお金もかかりますし、

 

やはり地道に自分で努力するのが好ましいでしょう。

被リンクを集めることがSEO対策として有効なことは広く知られています。

 

そういったSEO対策の中のひとつとして、オールドドメインを利用する方法が知られています。

 

 

 

 

 

オールドドメインとは、すでに他のサイトが利用していたドメインが、

 

期限切れなどの理由で、だれでも、利用できる状態になっているものを言います。

 

このオールドドメインをとって、そのドメインで自分のサイトを作成すると、

 

昔のサイトへの被リンクをそのまま、自分のサイトの被リンクとして、活用できることになります。

 

ページランクなども、そのまま引き継ぐことが可能です。

 

 

 

 

 

オールドドメインの被リンクの利用は、サイト開設とともに、

 

すぐに検索結果上位表示を目指したい場合などに有効とされています。

 

 

 

 

 

ただ、近年、グーグルなどの検索エンジンは、SEO対策を嫌う傾向にありますので、

 

オールドドメインの被リンクの価値をこれからも検索エンジンが同じように評価し続けるかは分かりません。

 

検索エンジンのアップデートに振り回されたくないのなら、オールドドメインの利用はおすすめできません。

アフィリエイトなどで稼ぎたいという人にとってSEO対策は必須事項となります。

 

SEO対策とはGoogleなどの検索エンジンでの検索結果で上位表示するために行う対策の事ですが、主に内部対策、外部対策に分けられ、中でも、被リンク数は重要な要です。

 

 

 

 

 

被リンク数は自分のサイト以外からリンクされた数の事であり、この数字が高いと、Googleページランクが高くなり、検索エンジンに良い影響を与えますので、積極的に増やした方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

増やし方で注意する事は質の良いサイトにリンクをお願いするという事です。

 

ほとんど更新していなかったり、質の悪いサイトにリンクすると被リンクのペナルティをくらい、検索エンジン結果圏外になることもあるので、リンクをお願いする時は用心してください。

 

 

 

 

 

また、いきなり検索結果圏外になった場合は、自分のサイトが他の悪質サイトにリンクされている場合がありますので、定期的にリンク元を確認した方が良いです。

 

毎日更新して、質の良い更新をしていると次第に被リンク数も増えますので、頑張ってください。

これから私が実践してきた被リンクによるSEO対策をご説明したいと思います。

 

GoogleやYahooの検索順位を上げたい場合、SEO対策としては大きく分けて内部対策と外部対策があります。内部対策は例えば、自分でホームページを作ったとすると、ページレイアウトを最適化したり、キーワードの配置を最適化したりします。そしてもう一つは外部対策ですが、代表的なSEO対策として「被リンクを増やす」方法があります。今回はこの「被リンクを増やす」方法について、私が実践したことを以下にご説明いたします。

 

 

 

 

 

・ホームページやブログを公開している方に相互リンクを依頼して、被リンクを増やしていく。

 

・サテライトサイトを複数作成して、検索順位を上げたいホームページに対してサテライトサイトからリンクさせる。

 

 

 

 

 

上記のSEO対策は時間と労力が必要になってきます。また、SEO対策の効果が見えてくるまでには数ヶ月かかったと思います。

 

ということで、もし実践する場合は焦らずにじっくり取り組みましょう。

SEO対策の基本は被リンクの質と量を増やすことです。

 

しかし、近年のグーグルはSEO対策が過度に施されたサイトの評価を下げ、

 

検索結果上位に表示されないようにする工夫をしています。

 

 

 

 

 

このようなグーグルの対策をペンギン・パンダアップデートなどと呼んでいます。

 

ちなみにペンギン・パンダアップデートという呼称はグーグルがサイトを良質か、悪質か、

 

白黒はっきりつける様子を、白黒はっきりした動物の模様に例えたものです。

 

 

 

 

 

これからのSEO対策はペンギン・パンダアップデートを意識したものである必要があります。

 

すなわち、コンテンツの充実していない、リンクを稼ぐためだけに作られたようなサイトからは、

 

被リンクをもらわないようにすることが必要です。

 

また、アンカーテキストにターゲットキーワードばかりを含む被リンクを集めることも、

 

望ましくありません。

 

 

 

 

 

これからのSEO対策で、大切なのは、検索エンジンではなく、

 

ユーザーを意識したサイトづくりを心がけることです。

 

そうすれば、ペンギン・パンダアップデートによる影響を受けることはほとんどないでしょう。

SEO(Search Engine Optimization)とは、わかりやすく言えば「検索サイトの上位にあなたのホームページなり、ブログの記事を表示させるようにすること」です。SEOは主に一定の単語や文節によって、その重要性が決定します。

 

 

 

それでは、「最強のSEO」とは何かご存知でしょうか。

 

それは「自分の言葉で長く書いた文章」なのです。意外と思われるでしょうが、特定の事柄について、自分で調べたことを自分の言葉で長く書く。そうすると、SEOの元となるキーワードも自然と文中に交じることになりますし、調べれば調べるほど、その分野での記事は自分しか書いていないというようなことも稀にあります。

 

 

 

単語だけを文中にいくつも入れるのではなく、それに伴う文節、文章をきちんと書いていくことは、検索サイト側のアルゴリズムから言ってもかなり有効なのです。長文を書いている人で、その分野に詳しい人ならば、あっという間に上位に来ることができるでしょう。

 

 

 

結局のところ、「真面目に文章を書く」ということが一番強いのです。そこには如何なる偽装も通用しません。

 

最後には真面目に書いている人が勝ちます。それが現代のSEOなのです。